英会話が出来るようになれば自分自身の視野が広がります

Study_English

学習の歴史を知る

日本における英会話学習の歴史と変遷

日本における英語学習は中国語やオランダ語の学習がそうであったように、その国の文化や書物を読んだりするための文法訳読法の学習が中心で、英会話学習はあまり行われてきていませんでした。もちろん、英語を話したいという要望は昔からありましたが、英会話教育が広まったのは戦後のことになります。1980年代以降、多くの英会話教室が日本にもできるようになり、当時の1クラス当たりの生徒数は10名から30名程度でしたが、時代とともに1クラス当たりの生徒数は3名から8名程度のサロンスタイルと移り変わっていきます。そして、2000年代に入ってからは、教師と生徒とのマンツーマンでレッスンを行う英会話スクールも増えてきました。また、インターネット環境の普及などもあり、最近ではオンライン上でのレッスンも増えてきています。

日本における最近の英会話学習とその動向

2000年代に入って登場した英会話教師と生徒の1対1で行うマンツーマンレッスンは、レッスンのあいだは教師と心行くまで英語を話したいという気持ちや、他の日本人生徒の前では恥ずかしくて話せないなどといった日本人特有の感情などもあり、英会話学習者の間で人気が高く、マンツーマンレッスンを取り入れているスクールも多くあります。また、料金の安さやネットゆえの手軽さなどもあり、最近ではオンライ上でマンツーマンの英会話レッスンを受ける人も増えています。オンライン上では日本在住の英会話教師だけではなく、世界中の教師とのレッスンも可能となります。そのため、生徒は24時間、自分の好きなときに、好きな教師とレッスンを行うことも不可能ではありません。こういったプライベートレッスンの手法は今後も増えてゆくと予測されます。

Copyright© 2015 英会話が出来るようになれば自分自身の視野が広がりますAll Rights Reserved.